もどる
神経痛の画像です

神経痛とは

坐骨神経痛・肋間神経痛・三叉神経痛などが有名で、特に坐骨神経痛を患っている方が多いです。
末梢神経の中の感覚神経に何らかの刺激が加わり、感覚神経がその刺激を中枢神経に伝達する事で痛みや痺れといった症状が発現します。
腰から始まりお尻に出始め、ひどくなるにつれ足先まで広がります。
腱反射(かっけetc.)も減弱する事があり、程度によっては筋力低下や感覚異常も現れます。 神経の走行に沿って痛みや痺れが発現し、長時間正座をした後の様なビリビリ感やチクチク刺される様な感じなどがあります。

原因

坐骨神経痛の場合は、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、梨状筋症候群といった腰やお尻周りの骨や靭帯、筋肉による原因が主になります。
ヘルペスウイルスが原因の帯状疱疹では治った後に帯状疱疹後神経痛が起こる場合があります。