もどる
ムチウチの画像です

頚椎捻挫後遺症とは

一般に言われる交通事故後のむち打ち症のことです。
頚椎捻挫後遺症は首や肩への損傷が残り、痛みが長期化します。 整形外科や整骨院で行う自賠責保険での治療は一般的には最長でも6ヶ月で、基本的には3ヶ月以内で打ち切りになります。治療が終了しても痛みが残っている場合に健康保険を用いて保険鍼灸を行います。

原因

交通事故では、衝突時に強い衝撃が加わり、首が前後に強く振られます。
事故直後には交感神経の興奮により感じにくいですが、強く振られた影響で
首の関節や筋肉を痛めたり、自律神経に影響を及ぼす事があります。
日常生活で加わる負担とは力の強さが違うため損傷がひどい場合は治りづらく天候や気候によって痛みが再発したりします。